糖尿病境界型

糖尿病境界型のあなたへの警告


看護師 女性当サイトでは2型糖尿病について解説しています。(糖尿病患者の90%は2型糖尿病です。)

・今までと同じ生活を続けて行くとどうなるのか?

糖尿病境界型と指摘された人は、今までの生活習慣を続けていくと、将来どのようになるのかをしっかりと理解しておく必要があります。
糖尿病境界型とは、現段階では糖尿病の基準値を超えていなだけで、間違いなく糖尿病の階段を着実に登っていっているということです。


糖尿病境界型について専門医は?


書籍糖尿病専門医の牧田善二先生の本を読むと以下のような、恐ろしいことが書かれています。

30年にわたる糖尿病専門医としての私の経験から言うと、ちょっと血糖値が気になっているというレベルの人の9割は、そのままの生活を続けていけば、いずれ本物の糖尿病に移行する。

「講談社:糖尿病はご飯よりステーキを食べなさい」より抜粋


いかがですか。糖尿病の専門医である牧田先生の言葉、あなたはどう受け止められましたか?

もし、あなたが、ひどく落胆したのならば、もう大丈夫です。

当サイトにたどり着いたあなたは大変ラッキーなのです。

なぜなら、糖尿病境界型の危機感を持っことにより、本気で生活習慣を改善する気持ちを持つことができるからです。

つまり、あなたの場合は、糖尿病へと続く階段から降りることができる確率が高いのです。


糖尿病境界型の怖さを知っていますか?


糖尿病は何が怖いかといえば、多くの人達が、失明、壊疽(足の切断)、人工透析などになることがわかっているからです。

「まさか、自分がなるはずはないだろう」と思った人達が最悪の状態になっている現実があります。

なんと、失明、壊疽、人工透析にまで追い込まれる人は、日本では、1年間に約2万人にものぼります。

多くの糖尿病境界型や糖尿病の人は、血糖値が高いといわれても、「体のどこも痛くもないし」「元気だし」と、油断してしまいます。

つまり、糖尿病境界型も糖尿病も自覚症状がほとんどないため、糖尿病を甘く見てしまうのです。

そして、ある日突然、後戻りできないほどの状態となってしまうのです。


血糖値の改善は、食生活が一番重要


糖尿病とは、生活習慣病です。つまり、病院での薬物療法では一時的に血糖値を下げるだけであり、根本的な糖尿病の改善には繋がりません。そもそも糖尿病境界型になっているのは、あなたの食生活や運動不足によるものですから、まずは、それを変えずして血糖値の改善はありえないのです。


食事療法や運動療法で血糖値が下がらない場合は?


食事療法や運動療法により、健康な人と同じように生活できている糖尿病患者も大勢います。

しかし、中には、食べたい物を我慢して努力しているのに関わらず、血糖値が改善されない場合があります。

このケースは、2つのことが考えられます。

まずは、正しい食事療法ができていないことです。

特に、欧米化した食事はダメで、和食が良いと思い込んでいる人に間違った努力をされている人が多く見受けられます。

昔から私たちが教育されていることには、間違った常識もたくさんあることを知らなければ大きな損をすることになります。

次に、正しい食事療法や運動を行い、薬も飲んでいるのに血糖値が下がらないあなたは、三価クロムが不足している可能性が高いです。

2型糖尿病の患者は三価クロムが不足しがちなのです。

三価クロムが不足している人は、血糖を代謝することができませんので、クロムを効率良く吸収できるサプリメントを取り入れることをおすすめします。


TOP PAGE